徹底した減農薬、有機資材の活用で美味しい桃、ぶどう、柿ができました。
何より朝取りフルーツを産地直送で新鮮なままお届けできます。

無農薬フルーツへの道


私たちが無農薬でフルーツを作りたいと願い、そのために日々努力を重ねている理由は、ひとえに農薬がからだによくないと知っているからです。

特に果樹用の農薬の毒性は高く、農家が畑で農薬を使用する際は、宇宙服のような防御服と防毒マスクの着用が必要です。
使わないですむなら使いたくないという想いは、ほぼすべての果樹農家に共通の思いではないでしょうか。
コストパフォーマンスを考えたらそんなことはとてもできない、というのは大きな果樹園の論理です。

さいわい私たちはとても
小さな果樹園です。
効率を追求する必要がないぶん、おいしさを最優先に考えてなるべく農薬を使わない健康な果樹をつくる努力をしていくことが可能です。

錦自然農園では、現在「いちご」のみを、苗の植え付けから収穫まで無農薬で生産しています。
「ぶどう」はジベレリン処理という植物ホルモンを使うことのみ行ってます。
化学農薬の散布はやっていませんのである意味無農薬かもしれません。
「柿」は半分の畑で無農薬を実践し、半分を慣行農法の1〜2割弱の農薬を用いて生産しています。
「桃」は、慣行農法の2割弱程度の農薬を使います。


草 生 栽 培
除草剤は一切使わず、園全体は雑草で覆われてます。
草をはやすことによって根が土の中に入っていってたくさんの空気が通れる微細な穴を無数に開けていきます。土は固く引き締まった状態より適度に空気を含むふっくらした状況の土のほうがよいので、そのためにも草生栽培はいいと思います。
この写真は、冬の園の状態ですが、低い草で全体が覆われてます。土壌中にはすごい数の微生物がすんでいて、その微生物が土壌を豊かにしてくれます。ところが紫外線に弱いものが多いので、できるだけ土壌の表面は草で覆われているようにしています。
     
その他にこんなこともやっています
天敵
フルーツに害を与える虫の天敵を引き寄せる植物を増やすことで、害虫にとっての天敵が果樹園内に多く飛来するようにします。天敵が果樹の害虫を退治してくれるので間接的に害虫を減らすことができます。

植物(酵素)エキス、果実酢 
野草、野菜、果実などを砂糖、アルコール、水などで漬け込み、素材から抽出されたエキスを噴霧します。植物の抵抗力を強めることを目的にしています。果樹の成長過程で摘果した未熟果、季節の野菜を砂糖で漬け込みエキスを抽出した植物酵素は、果樹の抵抗力を強め、成長をうながします。
スギナ、スギ、ヒノキなどの野草や葉を水に漬け込んで発酵させたエキスは、病気や虫害に負けない強い果樹を作るのを助けます。鳥害にあった果実は果実酢にして、他のエキスと配合して噴霧します。

岩塩、にがり
ヒマラヤ産のピンクの岩塩とインドネシアの海から採れたにがりを散布しています。これらは、土に豊富なミネラルをもたらし、果実の味をよくしてくれます。

草、わら、落ち葉
果樹園の草は基本的に伸ばし放題です。作業効率をよくするためや土が日光を受けやすくするために、草を踏んだり倒したり、刈ることもありますが、果樹園の草はその場に置く(敷く)ことを原則にしています。草のうえにはさらに、果樹園周囲の刈り草、わら、周囲の山から集めてきた落ち葉などを敷きつめています。除草剤を使わないので、蝶やバッタ、クワガタ、カブトムシなどたくさんの虫や小動物がやってきて、果樹園の春はちょっとした楽園のような風景が展開されます。

完熟桃の産直トップ

−Copyright(c) 2007-2013 nishiki shizen nouen All rights reserved.