完熟桃の産直トップ / 桃の1年 / 桃の剪定 / 桃まめ知識 / 農薬はどうなってる? /
肥料について / 栽培環境/日常の生活・ひとりごと / 販売コーナー(桃・ぶどう・柿) /
自己紹介・思い入れ / 温泉情報 / ツーリングレポート / リンク

日常の生活・ひとりごと

2010年1月

 

1月31日

雨もさほどひどくなかったので、少々濡れながらもハウスの組み立て。
血だけ見るとすごそう
途中で指から血が。どこでどうしたのか?まったく痛くもなかったし。

すぐに水で洗ってばんそうこうを貼って仕事に復帰。

ちっちゃな怪我はしょっちゅうです。
1月29日(金)

晴れ
今、桃のハウスのアーチ部分の設置中。
やさしい気持ち
ちょうど昼になったあたりで、どこからか、自分のことを呼んでいる声が・・・うちぬのさーん
車も停まってないしなーなんて思いながらキョロキョロしてると、お隣の畑のむたさんちのお母さん。
どうしたんですかー?
お母さん: スモールランプつけっぱなしでバッテリーあがってしもうて〜。
今朝、霧がすごくてスモールランプをつけて畑にやってきたのをすっかり忘れてしまってたらしい。
携帯を貸してあげて息子さんが迎えに。
お母さんは電話代を・・・とはいうものの、いやいやいいですよと。

昼からの仕事をはじめようとすると自転車に乗ってきたおかあさん。わざわざお礼にと、缶コーヒーの差し入れ。
ありがたくいただきました。素敵なお隣さんです。
1月26日(火)

晴れ
肉まん♪相変わらず桃のトンネルハウスにかかりっきり。明日は新たにアーチの搬入があるので急がねば。
昨日、中華料理屋をやってる知り合いが送ってくれた肉まんを昼ごはん時に・・・
ほっかほっかに蒸しあがった肉まんはうまい!さすがにプロフェッショナル!
1月24日(日)

晴れ
もくもく・・・朝早くから近くの梨園から煙がモクモク。
火事ではありませんよ〜。剪定枝を燃やしてるんです。同時に暖を取ることもできます。

温暖化対策等で剪定枝の焼却も場所によっては禁止されているところもあるのか・・・あるでしょうね。
こちらではまだ、何もうるさく言われることはありませんが、そのうちチップなどに粉砕して畑に戻すことになるのかも。

でも樹が育つときに二酸化炭素吸ってるわけだし、それを燃やしてプラスマイナス、0なんじゃ?いやいや、果実として収穫しているわけだから、むしろ枝を燃やしてもCO2はマイナスのはず!!と言い切ってしまいたいとこだが。
様子見るしかないでしょう。

でもね〜、寒い冬の朝の作業は時々、火にでも当たらんとやっとられんとたい。
1月22日(金)

晴れ
支柱の受け石作り今日から本格的にトンネルハウスの設置を始めます。

と、その前に設置に当たっての実地講習会があったので9時から参加。
結構、重要なポイント(スタートするハウスの列の位置決め等)もわかってよかったです。

午後からまずは支柱の受け石作成。以外と簡単♪詳しくはこちらまで
1月21日(木)

雨のちくもり
まずは直管パイプの搬入朝から生ぬるい気温。おまけに雨。ぬるい・・・

午後から桃の簡易ハウス(俗称 トンネルハウス)の一部資材搬入。
トンネルハウスにすると、同じ品種でも1週間ほど早く収穫となって労力の分配にもおお役立ちなのです。

今回の設置場所は早生の”ちよひめ”の1反分。ちよひめだけで、1反5畝(1500平米)あって昨年は、収穫が一度にドーンときて、かなり大変な目にあい、最後は収穫できずに落としてしまったのもかなり。  あ〜もったいない・・・
今年は多分大丈夫でしょう!?
1月18日(月)

晴れ
昨年の年初めから、近くの柿園のおじいさんが、自分の柿園をやってくれないか?との話があって今の自分の畑の状況や仕事の状況を見て、借りることにしました。
おじいさんの柿園の剪定
昨年の柿の収穫の終わった11月から、手入れに通ってます。
今回、借りる面積は約7反(7000u)。全て、柿の樹が植えられているわけではないものの実質6反ってとこ。

家の方も全ての剪定が終了し、今日から新たな柿園の剪定へと。
なかなか、人が今までやってきた剪定、管理を自分なりのやり方・・・には思うようには行かない。
今年と来年の剪定である程度の形にもっていきたいと予想しながらの作業。思った以上に時間かかるかも?ま、慣れればす〜っといくか???
1月16日(土)

晴れ
散布用の手押し車わ〜い!久しぶりの晴天で心もウキウキ♪

家のそばの柿園の剪定も終わったし。でもあと7反の柿園を今年からしばらくの間借りることなり、その剪定はこれからかなりかかりそうな予感。

午後の時間で家そばの桃、ブドウ、柿に有機石灰の散布。

有機石灰?
簡単に言うと、牡蠣ガラの粉末です。
カルシウムのほかに海のミネラル(マグネシウム、亜鉛、マンガン、ホウ素などなど)も補給できます。
カルシウムは果実の細胞壁、人で言うと骨みたいなもん、をしっかりさせるので不足すると果実の食感、日持ちなどにも影響してきます。
1月13日(水)

朝の桃園今日も相変わらず寒い。一日雪降り。

こんな日はイチゴのハウスの中での仕事が最適。とても外での剪定は無理。

外気の最高気温、2度。ハウスの中は8度から10度くらい。これでも最高に暖かい。
1月12日(火)

くもり時々晴れ
ブドウ剪定終了寒波襲来で寒いっす。
もう少し着こんだほうがいいか??

ブドウの剪定も終了し、柿の剪定へと。








トラクター出動中
軽トラオープンカーで畑に乗り入れ剪定枝を荷台に載せていきそのまま焼くところまで搬送。
とスムーズにいくとこだったのだが、変なところに車を止め,
はまってしまい脱出不可能に。
知り合いのトラクターを借りてきて引っ張りあげるはめに。

まー、なんとか無事に脱出。
オープンカーが4駆でないのが悩み
1月7日(木)

晴れ時々くもり
ぶどうの剪定はじまり、始まり〜今朝は七草がゆでスタートです。
何かと溜め込んでしまった?のでおなかには優しい。

正月気分もすっかり遠のいてしまい、ブドウの剪定やってます。

まずは、ざっと長めに枝をチョキチョキ。
とにかく棚上をきれいさっぱりと片付けていきます。
1月4日(月)

晴のち雨
霜の朝今期最高に寒い朝でした。でもキーンと静まり返って凍りついた朝の空気は逆に暖かい感じも。

ところで、うれしいお知らせです♪恵美子です♪

縁があり結婚することになりました。
今日、午前中に役場に婚姻届を無事に提出。

な〜んかお互いに感動して顔を見合わせてました、、。

これからいろいろと大変なこともあるでしょうけど、一緒にがんばって乗り越えて行きたいと、思ってます。(ありきたりの言い方ですけど、、)

今後は、夫婦ともどもよろしくお願いします。

−Copyright(c) 2007-2009 nishiki shizen nouen All rights reserved.