完熟桃の産直トップ / 桃の1年 / 桃の剪定 / 桃まめ知識 / 農薬はどうなってる? /
肥料について / 栽培環境/日常の生活・ひとりごと / 販売コーナー(桃・ぶどう・柿) /
自己紹介・思い入れ / 温泉情報 / ツーリングレポート / リンク

日常の生活・ひとりごと

2010年4月

 

4月30日(金)

晴れ
ぶどうの新芽ぶどうも日に日に伸びとるぞ。
この時期、一気にいろんな植物が青々としてきますなぁ。
きれいな季節です。
なんて、風流な気持ちにひたりたいもんです(笑)毎日忙しさの大波に押し寄せられそのうちさらわれるかもしれません(笑)

明日は早朝から少し離れた柿園に活性液の葉面散布に早朝から行く予定です。
美味しい柿ができますよ〜に。
4月28日(水)

晴れ
ハウスの桃ハウスの桃の2回目摘果終了。
明日からは露地。多分摘果は不要かなー。
花かす落しをしながら様子見でもしましょうか。
寂しい〜

相変わらず天気は変わりやすいものの、予報では連休中は天気がいいみたい。
仕事がんばりまーす。

写真はハウスの桃の様子。
葉っぱも生い茂って青々してきた。
草も青々しとる(笑)
4月26日(月)

くもり
柿の花蕾柿の今の様子。
幸いにも太秋柿は晩霜被害もさほど無く、新芽も順調に吹いてきて、花の蕾も見えてきました。

桃の摘果とあわせて柿の摘蕾も近いうちにはじめないといかんです。

天気は例年に比べて不調なもののこうやっていつもどおり新しい葉っぱや花が出てくるとなんかホッとしますなー。
自然は強しです。
4月24日(土)

晴れ
EM散布中ずいぶんのご無沙汰です。ホームページの手直し中でアップしてませんでした。

ここ10日間、やるべきことをしっかりやってました。
その一部で、EMと自家製醸造酢、にがり等の混合液の葉面散布。(左写真)
1週間から10日に1回のペースで行って、樹の健康維持とミネラル補給を行います。
これは柿園の様子ですが、地面一面に撒いたマメ科の植物(ヘアリーベッチ)がかなり伸びてきてます。ぼちぼち花も咲き始めました。

それと、先日はじめたのが屋外のトイレの建築。(右写真)
整地をして砕石を入れて生コンうって、今こんな感じです。外での作業中には家のトイレに入るのは面倒です。
屋外トイレの基礎



それと、かなり残念な報告ですが、先月末の晩霜の被害は大変な痛手になりそうです。
品種によってのばらつきはあるものの実が付いてない樹もあるくらい悲惨。
正直、管理だけはしているものの思わず目を覆いたくなるような状況。
また後日詳細はアップしましょう。
4月14日(水)

晴れのち曇
水道管とバルブ桃のハウスにスプリンクラーをつけるべく暇をみながら水を送るホースを敷設中。
仕組みは至って簡単なものの時間がかかります。
とりあえずホースまでは取り付けたのであとは、スプリンクラーを取り付けるのみ。


写真は水道管とバルブ。
バルブの先(写真の左側)に向かって4メートルおきにスプリンクラー取り付けの予定
4月13日(火)

くもり時々雨
柿の新葉午前中の暑い気温から一転、午後からは風も北風に変わって肌寒い。一気に空気が入れ替わった様子。
明日、あさってとまたまた、冬のような気温に逆戻りの予報。もうこれ以上の霜は勘弁です。

柿の木も葉っぱを吹いて青々みずみずしいです。

これからどんどん、緑も濃くなって、仕事も忙しくなって・・・


今は柿の枝の誘引作業中。
4月8日(木)

くもりのち晴れ
誘引作業中昨日からハウスの桃の枝の誘引をやってます。

上に伸びている枝を棚に引きつけ紐で固定。
これで、枝がぶらぶらしたり、また、枝の配置もできるのでこれからの摘果作業のためにも有効な作業です。

明日でハウス内は終了の予定。
4月5日(月)

晴れ
EM米ぬかぼかしEM米ぬかボカシの散布。
今回は新たに柿園の分もあるので2日がかりで大量散布。かなりの重労働。疲れた〜。

今年も美味しい果物たちができますよーに。


散歩の成果





昨日、近くの山道を散歩中に見つけた春の山菜たち。ワラビとゼンマイに導かれかなりの道草。
収穫したワラビは早速、炊き込みご飯と朝の味噌汁に。
美味かった〜♪
4月3日(土)

晴れ
かわいそうな花3月下旬に、かなりひどい晩霜来襲。気温もマイナス5度くらい。
露地の桃、特に早生のちよひめは満開状態での被害で最悪の状況。
写真は枯死した花。

今はとにかく何も手をつけずに様子を見るしかない。

幸いに、今年からは早生の半分以上、約1反(1000平米)はハウスにしたので、それは加温して多分大丈夫そう。不幸中の幸い。

−Copyright(c) 2007-2010 nishiki shizen nouen All rights reserved.