完熟桃の産直トップ / 桃の1年 / 桃の剪定 / 桃まめ知識 / 農薬はどうなってる? /
肥料について / 栽培環境/日常の生活・ひとりごと / 販売コーナー(桃・ぶどう・柿) /
自己紹介・思い入れ / 温泉情報 / ツーリングレポート / リンク

日常の生活・ひとりごと

2008年9月

9月30日(火) 雨が続く。続く。まだまだ続く。いい加減うんざり。
台風15号は今、九州南岸を目指して来てるようだが、台風からのエネルギーが秋雨前線に充電して、前線はやりたい放題。

柿の収穫作業は続きますが、カッパを来て、今日は少し寒かったのでカッパの下は長袖、作業しても袖口から雨がしみこんで結局はびしょぬれ。直ちに着替えました。
9月28日(日) かぼちゃ?柿?面白いもの発見!さて?そう、みたとおり柿なんですが、形が変!かぼちゃみたいです。
摘蕾するときはちっちゃいのでまさかこんな形になるなんて!?
9月25日(木) クローバーが発芽!先日まいたクローバーの種が発芽してました。まいてから雨も降ったおかげで発芽もいい感じです。
クローバーはマメ科の植物で空気中の窒素を固定してくれ地力をつけるのに有効です。

以前同じマメ科のヘアリーベッチの種を撒きましたが、これがツル性なのでいろんなものにまきついたり畑に入っても歩きづらく、特に脚立を使うのは最悪の状態。

今回はどうなるか??あくまで試験でで、全面でもないのでちゃんと生育して問題なければ、来年からです!
9月22日(月) ただいま収穫中!今日から柿の収穫開始です。いつものことながら、収穫開始は年に1度で、なんとなく緊張します。一度入ってしまうとなんでもないんですが、、。

柿は全て袋かけをしてますので、袋の下を少し破って除きながら収穫していきます。
袋はかけなくってもいいんで早秋柿すが、カメムシにやられたりあと、果皮が黒く汚れることが多いので、やってます。果皮の汚れに関しては、袋かけしても汚れてるのもおおいんですけど。
9月20日(土) 台風も何事も無く雨が少し降ったくらいで無事でした!でも九州にいる限りほぼ毎年台風はやってきますので、気持ちの準備はできてますけど、やっぱりひどい台風が通り過ぎたあとは、つらいものありますよね。

今は、柿の様子を見たり、ブドウの収穫をしたりの毎日ですが、合間をみて桃園にクローバーの種を撒いてみました。
昨年はレンゲを撒いてみたものの条件が悪かったのか、ほとんど芽も出さないような状況でした。試験的なのでたくさんは撒いてないんですけど。それで今回は、一度管理機で軽く表土を耕してそこに種まきをしてみました。今度は芽をだすかな〜?
種まき中!
9月16日(火) 柿(早秋柿)台風接近中!!ん〜勢力は弱まっているものの、、、。
幸い今日の天気は曇り。大至急準備してブドウの雨よけのビニール撤去。
そろそろビニールをとる時期かな〜って思ってたものの、急な仕事、それもかなりの重労働は疲れますね。
でも、無事に終了。明日は柿の暴風対策、やっときます。枝の固定。でも、あまりに固定しすぎると柿の枝は裂けてしまうこともあるので微妙な加減で、、。それと枝釣り。
今の柿の状況です。かなり色づいてきたのですよ!!あと少し♪
9月12日(金) 桃の秋季剪定をやってます。ブドウの収穫はまだ続いてますが、桃の剪定を合間にやってます。
基本、剪定ばさみだけでOKです。今剪定している枝を冬の剪定までほったらかしにしておくと、大変です。のこぎりを使わないといけないことが多くなり、当然枝の切り口も大きくなり、木にとってもよくはないでしょう。それにしても、そこそこの枝になると力も握力もいって手がかなりくたびれます。ふぅ〜
9月4日(木) 柿(早秋)の今の様子朝晩は秋の虫たちで、かなりにぎやかです。特に鈴虫の鳴き声はきれいでいいですねぇ!
写真は柿(早秋)の今の状況です。少し色づき始めたところです。
この時期になるといろんな果物が食卓に上がります。ブドウはもちろんですが、イチジクや周りの梨農家からのいただきものの梨など、フルーツがいっぱいです。なんか、幸せな気分になります。
9月1日(月) 早いものでもう9月に入ってしまいました。ここ2週間くらいは天気も晴れたり、急に雨が降ったりと少し梅雨時期のような感じもあります。ずっと降り続く雨ではないので特に問題は無いですけど。ま、季節変わり目の気象でしょうね。
写真は20リットルのオイル缶で練炭コンロ?を作ってみようということで、簡単な工作してみました。
練炭の底の風を入れるための台だけは練炭コンロ用の物を買ってきました。オイル缶は、鹿児島の知り合いのバイク屋さんに遊びに行ったときに貰ってきました。(ありがとうございます!!)
簡単です。オイル缶の底に空気入れのための穴を開けて、その上に台を置きその上に練炭です。

右の写真は着火後6時間ほどの写真です。風の吹き方で多少燃え方にむらが出るようですが、基本的には、このコンロの上には鍋を置いたり、また、暖房目的にも使いますが、風の無い夜(晩霜対策)に使いますので問題はないでしょう。12時間くらいは楽に持ちそうなので、十分使えそうです。

−Copyright(c) 2007 nishiki shizen nouen All rights reserved.