徹底した減農薬、有機資材の活用で美味しい桃ができました。
何より朝取りフルーツを産地直送で新鮮なままお届けできます。


桃の一年

1 月
本格的に寒さが増してくる1月はどちらかというとオフまだ春は遠い状態。桃の花芽もまだ硬くしまってます。
剪定も終わった園を歩きながら、剪定状況の確認とか、平棚の緩みの補正。
また、なんといっても年の初めですから、今年どうしよう?とかいろいろ考える時期です。

1月の作業

○ マシン油散布
カイガラムシの状況を見ながらですが、ひどいようであれば散布します。マシン油は基本的には油です。油でカイガラムシなどの害虫を覆ってしまって、息ができなくさせる!という結構原始的な?やりかたで防除するのです。

○ コスカシバ退治
糞が出ているからすぐわかるこれは、特に1月ということは無いのですが、収穫終わってから、忙しくなるまでできるときにできるだけやるようにしてます。ナイフで幼虫を探し出す

見つけたときは切り出しナイフなどで幹の食害部分を切り出してやっつけます。

2 月
相変わらず寒い日々が続きますが、そろそろ春の便りもちらちら。
ミニバックホーでもやっぱり雪なんか降ったりするんだなぁ。
伐採した樹は根まで掘りあげます。そのときに活躍するのが、バックホー。

2月の作業

○ 園の管理
1月に引き続き園の管理作業です。

○ トンネルハウスの準備〜設置
トンネルハウスのビニール張りの準備〜ビニール張り、さらには寒さ対策などもろもろの作業が行われ、次第に忙しくなってきます。
防風ネットの設置・メンテナンス
防風ネット全景おもに年明けから2月中の作業になるとおもいます。

春先から初夏にかけての園に吹き付ける風を防ぐため
防風ネットの設置を2009年2月に行いました。

この防風ネット設置の目的は、風によりおこる穿孔細菌病の発生を少なくするためのもので、台風のためではありません。
台風にはとってももちませんので、その際は全てのネットを束ねて風を受けないようにします。

ポールをクランプ留め平棚を支える支柱と今回設置する垂直に立てるポールの中ほどを自在クランプで固定。 棚の支柱とポールをステーで固定さらに下のほうをステーでもってそれぞれのポールを固定してぐらつかないようにします。
ひたすら、地味に、、平棚でも使う鋼線にネットを取り付けます。

ひたすらパチパチ留めて行きます。
途中から手が疲れてペンチ使いましたけど(^。^/)

ネットの留め具は右のプラスチック製の留め具です。ネット留め具
3 月
ひばりの鳴き声も頻繁に聞かれるようになるともう春の訪れです。
でも、遅い霜には要注意!!花芽も膨らんできて開花も間近。3月も末になると花が咲き始めます。
ミツバチの箱を園の真ん中において受粉を助けてあげます。受粉たのむよ〜♪

3月の作業

○ 花が咲いた頃から摘花を始めます。

○ 園の草刈
秋の草刈を最後に、冬の間は草刈はしません。冬の間は草も伸びませんし、ある程度の草を残していないと地表が裸になってしまって、土壌のためによくないので、背丈の低い草が園一面を覆っています。
春になって気温が上がってくると一気に草も春を感じて草丈を伸ばしてくるのでその少し前に草を刈っておきます。
4 月
さまざまな植物や動物?も活発に動き出す季節。
桃の花も初旬に満開、落花。開花から少し遅れて葉っぱもふいてきます。これから始まるんですねぇ!

4月の作業

○ 摘花・摘果
摘雷はしても花が咲いてみると、こんなとこに果実はつかないよ〜!とか、ちょっと花が多い(=最終的な果実が多い)な、って感じるところの花をどんどん摘んでいきます。例えば右の写真の3っつの花(花びらは散ってますが)のうち、とりあえずひとつは落としていいでしょう。残りの2つはちっちゃな実になったときにどちらかいいほうを残して最終的には一つにします。
摘果は、摘花と同じです。ただ花が落ちて、ちっちゃな実になっただけです。

コンフューザーMMの取り付け○ コンフューザーMMの取り付け
モモハモグリガ、シンクイムシなどが増えないようにするフェロモン剤です。
これで3ヶ月くらい効果が持続します。
摘果前
摘果前
摘果後
摘果後
5 月
果実も日に日に大きくなっていくのがわかるのが、この時期です。仕上げ摘果後
5月初旬には桃の果実も写真のように結構大きくなってます。

5月の作業

○ 摘果
5月初旬には最終的に残す果実を選別して他の実は落としていきます。

袋かけ○ 袋かけ
摘果終了。これから袋かけをひとつひとつの果実に行っていきます。
袋かけは、言葉どおり、果実に白い(もしくは太陽光を遮る)紙製の覆いを取り付けていきます。もし最終的に収穫したい果実が2万個あれば2万の袋を取り付けるわけです。
気が遠くなる??って?単純作業なのでスピード勝負です。
6 月
桃の実も確実に大きくなってます。初旬には早生の桃はそろそろ、果実の先端が、赤く色づいてきます。となると、お仕事お仕事!樹の下に太陽光を反射するためのピカピカのシートを張っていきます。だいたい収穫の10日くらい前にシートを張ります。中旬ごろには収穫開始です!!シルバーマルチ
いやな梅雨にも突入です。

6月の作業
先端がほんのり、、○ 不良果の摘果

○ マルチシート張り
7 月
桃の収穫も最盛期。朝一番で収穫、選別、箱詰め、出荷・配送と朝から晩まで休みなし。
桃の収穫は1品種で約10日くらいです。早生から晩生の品種までをつないで収穫していきます。ふぅ〜!
防蛾灯設置
7月の作業
今月は、主に収穫に専念の月です。

○ 防蛾灯の設置(初旬)
   吸汁蛾の忌避灯です。
8 月
それにしても毎日暑いです!せみもうるさい季節。
収穫も後は最後の品種を残すのみ。収穫もだいぶ楽になりました!
9 月
桃の収穫も終わり、ほっと一息。9月は秋の始まりの月とはいえまだまだ暑い日々が続きます。
10 月
本格的に秋に突入。桃も落葉の季節になります。
今月は集中する作業もさほどなく、柿の収穫に集中、集中!!
11 月
なんか忙しい季節がとおり過ぎ、なんか寂しい季節。
もっと忙しくていいんだけど、、、。主に後片付けや残務処理とかやってます。
12 月
朝晩はかなり冷え込むようになりますが、天気のいい昼間はまだぽかぽか陽気。

12月の作業

○ 冬季剪定

完熟桃の産直トップ

−Copyright(c) 2007-2013 nishiki shizen nouen All rights reserved.