徹底した減農薬、有機資材の活用で美味しい柿ができました。
何より朝取りフルーツを産地直送で新鮮なままお届けできます。


柿の一年

1 月
本格的に寒さが増してくる1月はどちらかというとオフ状態。柿の樹も芽もすっかり寝てます。
この時期にやる作業は、幹の粗皮剥き。
柿の幹や枝の分かれ目などは特に粗皮が厚くなるところなので念入りに作業です。

1月の作業

○ 粗皮剥き
カパカパになった幹の部分の粗皮をはいできれいなつるつる肌になります。
皮むき後
高圧洗浄器皮むき前⇒⇒⇒
高圧の洗浄ポンプの水圧で粗皮を剥いていきます。
2 月
相変わらず寒い日々が続きますが、そろそろ春の便りもちらちら。
でもやっぱり雪なんか降ったりするんだなぁ。

2月の作業

○EMとにがりなどの混合液などの散布
柿の樹と土壌のために散布します。EMは酵母菌や乳酸菌ほかからできていて、土壌にこれらの菌が増えることによって、悪い病原菌を抑えたり、土壌を良くしたりする効果があります。にがりはお豆腐を作るときに豆乳に加えるあれ!です。海水から塩を作る際に分離される副産物で、マグネシウムやマンガン、カルシウムほかもろもろの植物が成育するのに必須の微量ミネラルが含まれています。
3 月
ひばりの鳴き声も頻繁に聞かれるようになるともう春の訪れです。
でも、遅い霜には要注意!!まだまだ樹は寝てるように見えますが、そろそろおき始める頃。

3月の作業

○ EM混合液散布

○ 園の草刈
秋の草刈を最後に、冬の間は草刈はしません。冬の間は草も伸びませんし、ある程度の草を残していないと地表が裸になってしまって、土壌のためによくないので、背丈の低い草が園一面を覆っています。
春になって気温が上がってくると一気に草も春を感じて草丈を伸ばしてくるのでその少し前に草を刈っておきます。

○ EMぼかしの土壌散布
米ぬかとEMを混合して発酵させた肥料を土壌に散布していきます。肥料といっても正確に言うと、肥料成分はあまりなく、主に土壌の微生物を増やして、微生物によって作り出されるアミノ酸を増やすのが目的です。アミノ酸は窒素(肥料にはほとんど含まれてます)を植物がどんどん分解していって最終的に吸収するようになった時の姿なのです。窒素をたくさんやりすぎると根が肥料によって傷んだりすることもありますが、微生物によって作られたアミノ酸は、植物にとって即、利用可能な養分なんです。
たとえば、山の木々が肥料もやらないのに健康に育ってるのは、落ち葉とそこにいる微生物の作り出したアミノ酸などの養分のおかげなんですね。
4 月
さまざまな植物や動物?も活発に動き出す季節。
柿の芽も少しずつ膨らんで次第に緑の新芽を出します。

4月の作業

○ EM混合液散布


○ 肥料散布
即効性のある化成肥料を少量散布します。たくさんやりすぎると落果実の原因になったり
果実に影響も考えられるのであくまで少量控えめで。
5 月
展葉も進み花芽もどんどん出てきます。

5月の作業

○ 摘蕾
花が咲き出す前に新鞘一つに一つの割合で花芽を残しあとはどんどん摘蕾していきます。
裏年を作らないためにも大切な作業です。

開花の様子○ EM混合液散布
花芽。摘蕾前
6 月
果実も次第に大きくなります。

6月の作業

○ 摘果
病害果、奇形果などはもちろん、果実数を制限していきます。
5新鞘に1果実程度まで減らしますが、葉数や新鞘の長さによって前後します。

○ 捻枝
新鞘を指でねじって曲げます。来年以降、結果枝として使いたい場合に行います。

○ EM混合液散布
7 月
袋かけ途中台風も来襲する季節。

7月の作業

○ 摘果
袋かけをする前に、病害虫にやられた果実や、着果数の多いところなどの摘果を行います。

○ 袋かけ

○ EM混合液散布
8 月
袋の中での落果袋かけ後は、主には防除作業メイン

8月の作業

○ EM混合液散布


○ 落果した袋の撤去
7月から8月にかけて、生理落果が起こります。
これは袋をかけた後も同じで、写真のように袋の下に果実が落ちてます。
絶対ではないでしょうが、見かけたときは取るようにしてます。
 
9 月
9月中旬には早秋の収穫開始です♪

9月の作業
早秋柿
○ 早秋柿収穫
例年中旬くらいからです。

○ EM混合液散布

○ EMぼかしの準備


※EMぼかしの作り方
 ( 材 料 )EMぼかしを袋詰めにしたところ
 米ぬか  約50キロ
 EM(に糖蜜と水道水を加えたもの) 約4L〜5L
 
基本はこれです。あとはこれ以外に必要であれば油粕、貝化石などを 入れることもあります。  

米ぬかの上からジョウロなどでEMの混合液をかけていき攪拌します。
液の量は材料の乾燥具合によってかわりますが、おおむね攪拌混合した米ぬかを手でグッとつかんでなんとか固まるくらいの湿り具合にします。

あんまり湿っぽいとカビが生えてしまうのでご注意!!
柿の果実の色の変化(参考まで)
  →→→
    8月末の様子。まだまだ青い
↓↓↓  
           9月初頭、ちょっとだけ色が、、
 
   9月下旬。
   色づきも進み、そろそろ収穫に    
 ←←← 
        9月中旬。
        夜間の気温が下がると色づきも進む
10 月
本格的に秋に突入。太秋柿の収穫も始まります。
太秋柿
10月の作業

○ 太秋柿の収穫
例年初旬〜中旬に収穫を開始です。

○ お礼肥散布(収穫後、早秋柿)
11 月
来年への活動開始です。お礼肥の化成肥料

11月の作業

○ 元肥施肥
油粕を中心に散布。
12 月
朝晩はかなり冷え込むようになりますが、天気のいい昼間はまだぽかぽか陽気。
裂けた幹にボルト留め
12月の作業

○冬季剪定
剪定はもちろん写真のようなことも、、。
柿の樹は硬くあまり以外と簡単に折れたり、分岐部から裂けたり。
写真は裂けた幹にボルトが通る程度の穴を開けてボルト留したところです。
なんか、人間も骨折するとこんなことありましたっけ??

完熟桃の産直トップ

−Copyright(c) 2007-2013 nishiki shizen nouen All rights reserved.