徹底した減農薬で美味しい桃、ぶどう、柿ができました。
何より朝取りフルーツを産地直送で新鮮なままお届けできます


ブドウの一年

1 月
本格的に寒さが増してくる1月はどちらかというとオフ状態。ぶどうの樹も芽もすっかり寝てます。
粗皮はぎ
この時期にやる作業は、幹の粗皮剥き。

ブドウは、いやどんな木でも下から下から新しい細胞ができてきて粗皮はぎ
新たな樹皮を作ります。

で、新たな樹皮の外側が古い樹皮となってしまうわけです。
古い樹皮には害虫などが住み着くこともあるので古い樹皮を剥ぎ取っていきます。

1月の作業
○ 粗皮剥き

カパカパになった幹の部分の粗皮をはいできれいなつるつる肌になります。
3 月
ひばりの鳴き声も頻繁に聞かれるようになるともう春の訪れです。
でも、遅い霜には要注意!!まだまだ樹は寝てるように見えますが、そろそろおき始める頃。

3月の作業
○ 園の草刈
秋の草刈を最後に、冬の間は草刈はしません。冬の間は草も伸びませんし、ある程度の草を残していないと地表が裸になってしまって、土壌のためによくないので、背丈の低い草が園一面を覆っています。
春になって気温が上がってくると一気に草も春を感じて草丈を伸ばしてくるのでその少し前に草を刈っておきます。
4 月
枝の誘引さまざまな植物や動物?も活発に動き出す季節。
ぶどうの芽も動き出します。4月も後半になると葉っぱがどんどん開いて行きます。
雨よけビニール被覆
4月の作業
○ 雨よけビニールの被覆
芽が動き出す頃を見計らって雨よけのビニールを被覆します。
←←

ぶどうは特に雨で病気が出たりします。極力雨を避けることが農薬を減らす上でも重要。
○ 枝の誘引 →→
伸びてきた枝を重ならないように左右に振り分けていきます。

○ 摘穂
花が咲く前に不要な花穂を剪定鋏でちょきちょき。省エネで行きましょう!
○ 花穂の整形
花穂の不要な蕾を取っていきます。実際の果実になった時を想像しながら、、。
○ EM混合液散布
5 月
展葉も進み花も咲いてくる季節。
5月の作業
○ ジベ処理
花が咲いてきた満開時期を目処にジベ処理を行います。
○ 袋かけ
果実が小豆くらいになる頃までに最期の敵粒などをしながらこの頃には袋かけをはじめます。
○ 摘心
主枝から出た枝にさらに副鞘が出てきますが、この副鞘の2葉程度を残して摘心します。
6 月
袋かけブドウの一粒一粒が日に日に大きくなってます。
6月の作業
  ←← ○ 袋かけ

7 月
台風も来襲する季節。
風がひどそうなときは、雨よけのビニールを撤去。仕方ありません。
8 月
いよいよ待望の収穫開始♪
袋を取りながら、今年のできに一喜一憂。
みなさん!お楽しみに!♪
8月の作業
○ 収穫
袋かけ前収穫時点ちなみにこの2枚の写真は、同じ房の
袋かけ前と収穫時点のものです。

どういった風に房が仕上がるとどんな果実になるのかを
いくつか試してみたものの1例です。

この房はかなり形が悪く房の整形の時点でかなり落としてしまったものでしたが、出来上がりとしては粒も大きくまあこんなもんかなという感じでした。
よくは無いけどね。
9 月
9月中旬まで、収穫もピーク。あと一息。
9月の作業
○ 収穫
10 月
11 月
なんか忙しい季節がとおり過ぎ、なんか寂しい季節。
もっと忙しくていいんだけど、、、。主に後片付けや残務処理とかやってます。
12 月
朝晩はかなり冷え込むようになりますが、天気のいい昼間はまだぽかぽか陽気。

12月の作業

○冬季剪定
仮剪定棚からはずしてっと♪まずは、どこをどう剪定する以前に、長くのびた枝を長めに適当なところで仮剪定して、まずは棚から取り除いていかないと。












幹に近いところに新たに枝が出てきたので、去年の剪定で残しておいた枝は基部から切除しました。
あとは、残した枝の2芽程度を残して切除します。剪定後
剪定前




  →→→→→→→→→→→

完熟桃の産直トップ

−Copyright(c) 2007-2014 nishiki shizen nouen All rights reserved.